スポンサーリンク




心も身体も美人になる!『褒め言葉』の魔法!!

美しい唇を作る為には、美しい言葉をつかいなさい。

オードリー・ヘップバーン

こんにちは!とろこですよ♪

冒頭に書いたオードリー・ヘップバーンの名言は、私のお気に入りの言葉です!

『褒め言葉』の力で美人になる!!

完璧主義は美人を遠ざける?

私は昔から比較的器用で、何でもそつなくこなしてきたつもり。

頭だって悪くないし、体育は苦手だったけど、人間関係もそこそこ。

絵も歌も人並み以上には出来て、周りから見れば、優しくてしっかりもののお姉さん。

ただ、問題だったのは『完璧主義』であること。

テストで95点。

『あぁ‥‥なんでこんな簡単なミスをしてしまったんだろう』

宿題を忘れた。

『あぁもう最悪。先生の信頼を失った。』

‥‥まぁ、今思い出すと馬鹿馬鹿しくて笑えるぐらいの話なんですけど笑

当時は真剣にそう感じて悩んで落ち込んでいたんです。まぁ、こんなことばかり考えていたら、そりゃ友達も減りますわな、うん。

自分に厳しく、人にも厳しい。だけど嫌われたくないから、思っていることは言えない‥‥

『そっか。周りがやらないなら全部私がやればいい。私がやるしかないんだ』

自分が無理をすれば、すべてうまくいくんだ。完璧を目指さなきゃ!!

これが私の今までの考え方でした。

‥‥上手くいくと思いますか??

はい、もちろんうまくいきません。必死で自分を犠牲にして、気持ちを押し殺して無理をしていた自分。それなのに、誰も認めてくれない。

周りに対して、そして自分に対してのイライラは募るばかり。

結局私は気づいたら一人ぼっちになっていました。

この頃の私は、美人とは最も遠いところにいたと思います。

だって自分を大切にするということが出来ていなかったから。

『言葉』に美人のヒントを見つけた!

言葉』っていうものは、思っている以上に影響力があるんです。他人にはもちろん、自分にも。

まだ自分に自信が持てなかった学生時代に担任の先生から『言霊』について教えていただきました。

最近よく聞く『引き寄せの法則』なんかにも関係してくる話なんだけど、自分が発した言葉って、そのまま自分に帰ってくるんです。

人に対して言った言葉でも、脳が勝手に『自分のことだ』って勘違いしちゃう。そしてそれがそのまま身体にも影響しちゃうんです!!

だから例えば

『私って可愛くないなぁ』

って思ったとしたら、本当に可愛くなくなっちゃうんです!!

恐ろしい話ですなぁ‥‥!!

自分のことじゃなくても

『あの子太ってるよね』

って友達と話したとしたら、『太ってる』の部分だけ脳が受け取って、自分の体を太らせてしまうんだとか‥‥!!

そんなバカな、って思う人もいるでしょう。私だって、最初はそうでした。

その頃の私は

『何で私ってこんなにダメなんだろう』

『こんな私可愛くない』

『誰にも好かれるはずがない』

Twitterも、暗い呟きばかり。

でも、自分がなりたい理想の自分を考えたとき、理想の私は、

  • 思いやりがある
  • ポジティブ
  • 人の悪口を言わない
  • 人の良いところを見つけられる

だったんですね。

『ホンマかどうか知らんけど、ほんまに言葉に影響力があるんやったら、褒めたり前向きな言葉言ってると、その通りになれるってことちゃう!?』

と気づいた私。ポジティブ褒め言葉大作戦が始まりました!!!

ポジティブ褒め言葉大作戦!

周りを、褒める。

自分を褒める』ことに抵抗があった私。

まずは、周りの人を褒めることから始めました!

口に出すのはまだ恥ずかしかったので、最初はノートに書いたり、思ったりしました。

『あの人の笑顔、素敵だなぁ』

『あの子、すごく周りのことを見れてるなぁ』

『そんな考え方ができるなんて、すごい!!』

褒めれば褒めるほど、周り人の悪いと思っていたところが長所だったんだと気付きました。

『声が大きくてうるさい』は、

『ハキハキとして聞き取りやすい』などなど。

そして、慣れてきた頃、実際に口に出して伝えてみたんです。

そうしたら、相手の人が喜んでくれて、なんだか私も嬉しくなってしまいました。

更に『とろこちゃんは、周りの人の良いところを見つけるのが上手だね』と言ってもらえたのです!!!

そんなこと初めて言われた!!嬉しい!!

‥‥と思ったのですが、その時の私の返事は

『そんな事ないよ‥‥わたしなんてまだまだ‥‥』

でした。言ってしまってから、ハッとしました。

褒め言葉を、素直に受け取る。

せっかくもらった褒め言葉

否定で返してしまっていませんか??

褒めてもらっても、そこで否定で返してしまっては、脳に否定の言葉が残ってしまいます。

謙遜するのは悪いことではありませんが、相手の好意を否定する事にも繋がってしまいます。

せっかく素敵な贈り物をもらったのですから、笑顔で感謝の気持ちを伝えましょう!!

自分はもちろん、相手も嬉しくなるはず。

褒め言葉に、長所が隠れてる。

面接やオーディションで『自分の長所は?』と聞かれて困ってしまったことはありませんか?私が1番面接で苦手だったのが、この質問。

短所ならいくらでも答えられるのに。何度そう思ったことでしょう。

これは、日本人特有の『自分を好きなことは恥ずかしいこと』という考え方がそうさせてるようです。

私も友達を褒めるのは得意でしたが、自分のことになると、とたんに口をつぐんでしまっていました。

『私の長所ってなんだろう?』

そう思ったとき思い出して欲しいのが、褒められたこと。

人からの褒め言葉には、あなたの長所が隠れているんですよ!

例えば私が褒められたことといえば

  • イラストが可愛い
  • 人の良いところを見つけるのが上手
  • 字が綺麗
  • 真面目
  • 優しくて思いやりがある
  • 一途
  • 声が可愛い
  • 演技が上手
  • 子どもの相手が上手い

などなど。

自分では気付かないような事もたくさんありました。

自分で見ると『まだまだ‥‥』と感じることでも、他の人から見れば『すごい!』『才能あるなぁ』って思われてるかも知れませんよ♪

小さなことでも、自分を褒める!

この世界に『当たり前』なんてものはありません。

この世界に存在する全ての人が努力して行動して、今この瞬間があるわけです。

みんながみんな、自分が頑張ることでいっぱいいっぱい。他の人には目もくれない。それどころか、イライラして他の人を攻撃するかもしれません。

だったら、自分だけは自分の味方でいてあげようって、考えるようにしてます。

誰も褒めてくれないのなら、自分が褒めて、自分を大切にするんです。

小さなことでも構いません。毎日自分を褒めてあげてください。

『今日も満員電車に乗れた~!がんばってんなぁ、私!月曜日乗り越えたやん!!』とか

『今日はいつもより丁寧にマッサージできた!!昨日より綺麗やで!!』とか。

『こんなの出来て当たり前』をなくして全てを『今これを出来てるのがすごい!!』に置き換えてみてください♪

なんだか嬉しい気持ちになったでしょ??

褒めることで、自分も周りも美人になれる!

ダイエットも自分磨きも、必死な形相で、苦しみながらやっても続かないし、そんな気持ちでは美人にはなれません。

出来ていないことを数えるのではなく、出来たことを数えて褒める!!そうすると、心も身体も美人に近づくこと間違いなしです!!(*´ー`*)

褒められることで、自信がつき、表情や考え方も明るく前向きになれますよ。

一緒にダイエットや自分磨きを頑張っている人同士、褒めたり、前向きな言葉をかけあいましょう!!

前向きな、美しい言葉を見たり聞いたりするだけで、心も身体も美しくなれます!

ぜひ今日から試してみてくださいね!