スポンサーリンク




『痩せたらやりたい』は危険!?先延ばしはもうやめよう!

とろこ
こんにちは!とろこ(@torokoiloveme)です!

突然ですが、『痩せたらやりたいこと』ってありますか?

私は、これまでずっと

『痩せたらあんな格好がしたい』

『痩せたら、あそこに遊びに行きたい』

『痩せたら、これをやってみよう』

痩せたら、痩せたら・・・・

と、やりたいことを想像しては、ダイエットのモチベーションに繋げてきました。

でもそれって、ちょっともったいないなって最近気づいたのです。

『痩せたらやりたいこと』ってなんですか?

私がもっとも太っていた頃の体重は62kg。

絶対痩せる!-12㎏のダイエットに成功する方法!
こんにちはとろこです!! 今日は私が-12㎏に成功したダイエット方法についてお話したいとおもいます!! 154㎝ 62㎏の肥満体

その頃の目標体重は48kgで、『痩せたらやりたい』とダイエットの目標にしてきたことはたくさんありました。

  • 可愛いネイルがしたい
  • 素敵な恋がしたい
  • おしゃれな服を着たい
  • 似合うメイクを研究したい
  • 踊ってみたをやりたい

ダイエットしながら、

『痩せたらやりたいこと』はどんどん増えていきました。

現在の私の体重は、47kg。

最初の目標体重は達成しました。

でも、可愛いネイルも、メイクの研究も、踊ってみたも、結局出来ていません。

目標体重に達してもまだ『もっと痩せてから』とどこかで考えている自分がいたのです。

今出来ること、先延ばしにしていませんか?

可愛いネイルも、メイクの研究も、踊ってみただって、本当ならすぐに出来ること。

それが出来ないのは、今まで『太っていること』を言い訳にして生きてきたからだと思います。

『友達とうまくいかないのは太っているせいだ』

『先生に怒られたのは太っているせいだ』

『彼に振られたのは太っているせいだ』

『何にも出来ないのは太っているせいだ』

本当ならすぐに出来ることを『私は太ってるからまだ出来ないんだ』といいわけして、先延ばしにしていたような気がします。

『痩せたらこうしたい』といってる割には『まだ太ってるから』と先延ばしにする自分。

心のどこかで『まだ太っていたい』とすら思っているような気がしてきて、思わずぞっとしました。

きっと

『痩せてもだめな人間だったらどうしよう。』

という恐怖心からそんな考えになっていたのだと思います。

1つずつではなく、同時に磨いていく

Twitterでこんな投稿を見かけました。

『痩せてからメイクの研究しよう。だって、こんなデブがメイクしたところで、意味ないし』

『痩せてから好きな服を着よう。だって今は太ってるし』

そんな考え方、していませんか?

私も以前はそうでした。

周りの目を気にしてばかりで、『私なんかが』と卑屈になって、おしゃれやメイクを後回しにしていました。

そして現在、47kg。ようやくMサイズでも着られるようになり、ファッションの幅が広がりました。

でも、とにかく痩せることしか考えてこなかった私。

着れる服は増えたものの、着たい服、似合う服がまったくわかりません。

現在また1から勉強中です。

これって、すごくもったいないことだと思いませんか?

せっかく痩せても、また次のことを磨く時間が必要になって、理想の自分になるまでにかなり時間がかかる・・・なんてことに。

『痩せたらこれをやろう』は、ご褒美として有効だけれど、その一方で時間を無駄にしてしまう危険性もあるように思います。

『やりたいこと』は今すぐやろう!

今、やりたいことはなんですか?

それは本当に痩せないとできないことなのでしょうか?

『ご褒美』と『先延ばし』をごちゃ混ぜにしてしまうと、とってももったいないです。

本当の『ご褒美』なのか『今やりたいこと』を言い訳しているだけなのか、しっかり考えましょう!

そして

『今やりたいこと』は、太っていることを言い訳にしたりせずに積極的に挑戦してみましょう!

そうすると自信がついて、痩せたときにはもっともっと魅力的な人になっています。

いつか痩せて、自分の目標体重になったときに、体重だけでなく心や見た目もうんと成長しているように、今のうちから今出来る自分磨きをがんばりましょうね!

とろこ
頑張ったこと、女子力アップできたことも、積極的に自慢しちゃおう!とろこもがんばるで!!!