スポンサーリンク




ずっとおしゃれな女性でいたい!!おばあちゃんのファッションショー!

こんにちは!とろこ(@torokoiloveme)です。

今日から世間は3連休ですね!!私は夏季休暇も使って4連休です!!!

ダイエットや自分磨きで目一杯夏休みを満喫したいと思います!!\(^^)/


さてさて。

女性というものはいくつになってもおしゃれや美しくなることに興味を持ち続ける生き物ですよね。

最近では年配の方でもおしゃれに気を使っている方がたくさんいて、実年齢より若々しく見える方も多いです。

私にとって美しい人というのは、化粧が上手いとか、ブランド物の服や小物を使っているとか、そういうことではありません。

ありのままの自分を受け入れ、おしゃれを楽しみ、美しくなろうとして努力している人。そんな人を見るととても素敵だなと感じます。

『歳をとる』というと、女性にとってはあまり良いイメージがないかもしれません。

ですが、その歳だからこそ出る女性らしさや、大人っぽさや落ち着きが、今の私にはないものでとても憧れています。

若く見せようと必死になるより、その年齢だからこそ似合う服や、今の自分の年齢だからこそ出せる魅力。それらをうまく使い、自分を美しく演出する力を身に付けたいなぁと考えています。

おばあちゃんにもおしゃれを楽しんで欲しい

以前テレビで見たことですが、祖母におしゃれな服を着せてあげ、写真を撮り続けている女性の話を聞きました。

髪も真っ白、顔はしわしわ。耳は遠くて、なかなか話が繋がらない。

それなのに、写真を撮り、撮られている二人はとても楽しそうで。特におばあちゃんは、お孫さんにとても素敵な笑顔をカメラ越しに向けていました。

どの写真も表情はイキイキとしていて、若々しく、とても印象に残っています。

また、『美しくなりたい』という奥様方にドレスを着せてあげ、メイクをして、写真を撮るというカメラマンの話もありました。

『旦那さんにもう一度キレイだと言われたい』という可愛い理由もあれば、『お葬式ではこの写真を使って欲しい!』なんて声も‥‥!!笑

やはり女性とはいくつになってもきれいでいたいもの。

うちのおばあちゃんにもおしゃれして欲しいなぁと強く思ったのです。

おしゃれから遠ざかっていたうちのおばあちゃん

同居している私の祖母は今年で84歳になりました。

昔のわが家はテーラー‥‥つまり洋服屋。仕立て屋さん、と言えば分かりやすいでしょうか。

男性のスーツを作るのが仕事で、祖父からうちの父親に引き継がれていました。

洋服屋ということで、昔は祖母も母ももちろん父も。洋服も人一倍気を使っていたそうです。

しかし、1995年の阪神淡路大震災によって、店は倒壊してしまいました。祖父もなくなり、仕事もなくなり‥‥現在は服を作ることもなくなりました。

それ以来、祖母は昔ほどに服に気を使うことがなくなってしまったそうです。

服や化粧品、おしゃれなど、自分よりも他のことばかりで、自分を磨くことをしなくなっていきました。

洋服も、『着たいかどうか』より『着られるかどうか』を優先するようになり『もったいない』が口癖になっていました。

おばあちゃんのファッションショー!

今日は三連休初日ということで、断捨離しようと思い立った私。溜まりまくっていた洋服に手をつけました。

1年間着ていなかったものや、自分がときめかないものは容赦なくポイポイしていったのですが、『もったいない』が口癖の祖母。

案の定、『これまだきれるやんかーもったいない』と、捨てると決めた服をがさがさ漁ります。

この1年間で14㎏落とした私。昨年来ていた服がブカブカで着られなくなっていました。

『確かに、まだ数回しか着てない服もあるしもったいないかなぁ‥‥』

そこで、祖母に着られなくなった服を譲ることにしました。

最初は

『えーっおばあちゃん似合うかなぁ?』

と不安げだった祖母も、自身が持っている服とのコーディネートを一緒に考えてあげるとだんだん乗り気になっていきました。

『せっかくだからおばさん(父の妹)に写真で見せてあげよう!』

というと、

『ほんならお化粧ちゃんとしたいわ』

というわけで、メイクアップもしてあげました!

さあ、ファッションショーの始まりです!

うちのおばあちゃん。髪をずっと黒に染めていたんですが、染料が原因で頭に吹き出物が出来てしまい、病院で髪染めを禁止され、髪が真っ白に。

外に出るのを嫌がっていましたが、今日はメイクをしてあげるとニコニコ。とても良い表情をしてくれました。

おばあちゃんお気に入りの上着に、私が以前着ていたレースのトップスとパンツを合わせました!

写真にちょっとまだ緊張気味笑

私が着ていた花柄のトップスと、もとは妹のものだったジーンズパンツ。

染みだらけの二の腕がカバーできると大喜びでした!祖母は基本的に黒のトップスが多かったのですが、これを着ると顔がかなり明るく見える、と気に入ってくれたようです。

だんだん表情が明るくなってきました!(*´ー`*)

この写真、本当にいい表情してたんです‥‥!

一番最初のレースのトップスに、ギンガムチェックのシャツと、モーブピンクのチュールスカート。すべて妹から私に回ってきたお下がりですが、おばあちゃんが一番似合ってる気がします笑

可愛いフリフリや花柄が大好きなおばあちゃん。甘すぎず、可愛い感じで嬉しそうでした。

こちらはちょっぴり大人っぽく。おばあちゃんの持っていた黒のトップス、ボーダーのインナーに、妹が持っていたロングスカートを合わせました!

ノリノリのどや顔!笑

自分磨き、遅すぎるなんてことはない!!

普段は家事や私たちのことが一番で、自分のことは後回し。『私はまだええねん、まだ着れるから』と服もめったに買わないおばあちゃん。

おばあちゃんとコーディネートについていろいろ話ながら、本当はおしゃれをしたいと思っているんだなと強く感じました。

一人のお昼にテレビで勉強したのだと、オフショルダーや長い丈のカーディガンも着てみたり。

服だけではなく、私のメイク道具にも興味津々。ファンデーションやリップ、いろいろ試して楽しんでいました。

年齢のこともあって、おしゃれについて一生懸命になるのが恥ずかしいと感じていたそうですが、今日の2時間が相当楽しかったらしく、

『今度お買い物いこか!』

とお出かけする気満々になっています(*´ー`*)

綺麗になることで、自信を持てたり、新しいことを始められるきっかけになり、表情も明るくなります。

自分磨きを始めるのに、年齢制限はない。遅すぎるなんてことはない。

そう感じた1日でした!