ダイエットの方法

ダイエットを習慣化して絶対成功させよう!とっても簡単な痩せる13の習慣を集めてみた!

とろこ
とろこ
こんにちは!とろこ(@torokoiloveme)です!

痩せている友達や知り合いに

「なんでそんなに細いの?」

「どんなダイエットしてるの?」って聞くと

「えー?なんもしてないよ?」

ってよく返事がかえってきます。

 

以前は

「私に痩せて欲しくないから教えてくれないのね!?」

なんて卑屈な考え方をしていたんですが、そう言う人達って本当に「何かしている」って感覚がないんですよね。

 

 

ダイエットは簡単な習慣で絶対成功する!

 

以前紹介した本

もうダイエット疲れた!辛い!続かない!と思ったら読んで!-15キロダイエットをした私のおすすめの本みなさん、こんにちは!とろこ(@torokoiloveme)です。 私は2016年の2月に今まででMAX体重となる62.4キロをた...

 

こちらは、主人公のぽんさんが

スリム美人の習慣を徹底的に調べて真似をしたら痩せて綺麗になった!

という内容の本です。

私はこの本が大好きで、ダイエット中は何度も何度も読み返していました。

で、思ったんですが。

 

痩せている人は、痩せる習慣が身についているんですよね。

だから感覚としては

「ダイエットは何もしていない」し、

「気がついたらいつも痩せていた」なんですよね。

 

急激にファスティングなどをして痩せたわけではないので、健康的で、なおかつ「続けられるダイエット」。

リバウンドの心配もありません。

 

気合いを入れてファスティング!というようなダイエットも、気持ちの面ではやる気に繋がることもあるので一概に悪いとは言いませんが

これから先のことを考えると、意識しなくても続けられる痩せられる習慣を身につけていくべきではないでしょうか。

 

痩せるための簡単な習慣って?

痩せてる人は、痩せる習慣が身についてる、と先程お伝えしました!

じゃあ、具体的にその習慣ってなんなのよ?ってことで、痩せている人が無意識に行っている習慣をまとめてみました!

あなたは何個実施していますか?

 

美人で痩せてる人の食事の習慣

まずは食事編です。

食事ひとつとっても、痩せている人と太っている人では違いがあるんです!

周りにいる細くて綺麗な人を見てみてください。

どんな食事のとり方をしていますか?

 

 

お腹が空いてから、ご飯を食べる

 

「食事は、時間がきたらたべるもの!」

そう思ってはいませんか??もしそうだとしたら、その認識が痩せている人とは違うかもしれません。

 

「私まだお腹がいっぱいだからごはんはいいや」

そんな細くて美人な子達のセリフ、よく聞きませんか??

 

以前はこの言葉が理解出来ませんでした。

「ごはんは、時間になったらみんなで食べるものだし、出されたものは食べなきゃ。作った人がかわいそうだもんね。」

私もそう思いながら食事をしていた1人です。

でもね、時間きたからって必ずご飯を食べる必要はないんです。

 

お腹が空いてから、ご飯を食べる。

とっても単純なことですが、これができていないおデブさんがたくさんいます。

まずは自分の体の状態をよく知るところから始めましょう。

今までに何度か話している本物の空腹感を見つけていってくださいね。

ダイエット中のつらい空腹感を紛らわす方法!空腹対策で効果的にダイエットしよう! ダイエット中の空腹感がつらい・・・ ダイエットで辛いことと言えば、空腹感との戦いですよね。 特に夜中にやってくる空腹...

 

 

食べるときは最初に野菜を食べる

 

食べる順番ダイエットって聞いたことがありますか?

空腹時は、口にしたもののエネルギーを吸収しやすい状態になっています。

つまり、この状態で油や砂糖がたくさん入っているものを食べてしまうと、脂肪や糖分がたくさん吸収されてしまうということになります。

そこで

  • 野菜
  • 汁物
  • おかず
  • 炭水化物

の順番で食事をすることによって急激な脂肪分などの吸収を抑えて、吸収力を緩やかにあげていく狙いがあります。

ダイエッターの間では、サラダから食べるのは常識!是非、今日から実践してみてください。

 

タンパク質をたくさんとる

 

タンパク質をたくさんとることによって、作られるのは筋肉です。筋肉が増えることによって基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果が高められます。

 

タンパク質をたくさんとると同時に、日常生活に筋トレを取り入れて、筋肉を育てていくようにしましょう。

健康的な美しい体を手に入れるためには、筋肉は必要不可欠です。

 

とろこ
とろこ
私、ムキムキになりたくないから。 

なんて言う人もいますが、ちょっと筋トレをしたぐらいでは筋肉はムキムキになりません。

安心して、筋トレをしてください!

 

逆に筋トレだけをしていても、タンパク質を摂らなければ、筋肉はつきません。

ダイエット中は食事制限をしてタンパク質も不足しがちです。

 

炭水化物を減らして積極的にタンパク質を摂取していきましょう

タンパク質が多く含まれている食べ物はこちらです

  • 肉類
  • 豆腐などの大豆製品

などなどです。

 

たくさん噛んで食べる

 

太っている人って、早食いの人が多くないですか?

私も食べるのがものすごく早いんですが、ダイエットを始めてからは一口20回噛むと決めて、食事に時間をかけています。

 

よく噛んで食べると満腹中枢が刺激され、食欲を抑えることができます。

空腹感を抑える方法の記事でもご紹介しましたが、ガムが空腹感を感じた時におすすめなのは、このためです。

ダイエット中のつらい空腹感を紛らわす方法!空腹対策で効果的にダイエットしよう! ダイエット中の空腹感がつらい・・・ ダイエットで辛いことと言えば、空腹感との戦いですよね。 特に夜中にやってくる空腹...

 

また食べ物は噛むほどに消化されやすくなり、腸に優しくなります。便秘などの改善にもつながりますので、悩んでいる人は、是非1度試してみてください。

人が満腹感を感じるまでには、食事を始めてから20分ほどかかると言われています。

ゆっくりと味わって、食事をして、必要以上にものを食べてしまわないように、気をつけましょう。

 

白湯を飲む

mineral water with strawberries, ice and mint in a vintage cup

ダイエットに水の存在が必要不可欠です。

 

ダイエット中は水をたくさん飲みましょう。という話をよく聞きますよね。

私もダイエット中にはたくさん水を飲んで、沢山老廃物を排出していました。

夏などは冷たい水を飲みたくなりますが、私がおすすめしたいのは温かい水(お白湯)です。

 

毎朝起きて最初にお白湯を飲む習慣をつけましょう。

白湯を飲むことによって体温を上げて基礎代謝を上げる効果があります。

朝食前に胃腸を目覚めさせるためにも、お白湯飲むようにしましょう。

美人で痩せてる人の運動の習慣

次に痩せるための運動の習慣についてお話ししていきます。

大股で早歩きする。

普段歩くとき、歩幅を広げて大股で早歩きすることを意識するだけでも、体は違ってきます。

細くてきれいな人を見ていると、ヒールを入って背筋を伸ばし、大股でカツカツと歩く姿をよく見かけます。

 

一方でおデブさんは背中を丸めてダラダラと歩いている人が多いように感じます。

しっかりと顔を上げて、腕を大きく振って、なるべく早歩きをするようにしましょう。

 

階段を積極的に使う

普段外出している時に、無意識にエレベーターやエスカレーターを選んでしまう人は、意識して階段を使うようにしましょう。

私は階段があったら必ず階段を使うとマイルールを設定していました。

 

始めた頃は

とろこ
とろこ
 また、階段かぁ。 

などと思っていた時期もありましたが、今では階段を見ると嬉しくなってしまうぐらいに階段ばっかり使っています。

こうした毎日の積み重ねが痩せることに繋がっていくのです。

 

ながら運動を取り入れる

 

美しい体型を保つために、頑張ってい人は日常生活にも無意識にダイエットが組み込まれています。

歯磨き中や、洗い物、テレビを見ている時間などに、ちょっとしたエクササイズを行うことで、無意識にダイエットが習慣化しています。

スクワットをしたり、足の上げ下げをしてみましょう。

既に習慣化していることと、組み合わせれば、一緒に行う筋トレやストレッチなどのダイエットも習慣化しやすくなりますよ。

 

美人で痩せてる人の日常の習慣

これまで食事運動等についてお話してきました。

最後に日常生活で痩せている人が行っている、ちょっとした習慣についてもお話したいと思います。

毎朝体重計に乗る

以前、こちらの記事でも紹介しましたが、ダイエットを成功させるためには、体重計が必ず必要です。

おすすめのダイエットグッズ!ダイエット効果を高めるダイエットグッズはこれ! 夏が近付いてきましたね! 今年こそはビキニを着て憧れのあの人と‥‥!♥️ ‥‥なーんて妄想...

 

数字を見て、毎日記録をつけることによって、結果が目に見えて、モチベーションの維持に繋がります。

細くてきれいな人は、毎朝、体重計に乗って自分の体をチェックしている人が多いです。

体重が増えていても、なぜこんなに増えているのかな、と考えられるようになります。

今の自分の体重をしっかりと把握するようにしてください。

 

全身鏡を持っている

上と同じこちらの記事で、全身鏡を持ちましょうというお話をしました。

おすすめのダイエットグッズ!ダイエット効果を高めるダイエットグッズはこれ! 夏が近付いてきましたね! 今年こそはビキニを着て憧れのあの人と‥‥!♥️ ‥‥なーんて妄想...

数字だけでは分からない体の変化を毎日鏡を見てチェックするようにしてください。

おデブさんの中には鏡やガラスに自分の姿が映るのは苦手な人がいます。

 

かく言う私も、そのうちの1人でした。

洗面所で顔を洗ったり、歯を磨く時ですらも、鏡を見るのが億劫で、目を背けていたりもしました。

 

でも、自分を変えるためには、まずは今のありのままの自分を知るということが大切です。

全身鏡は一枚は持つようにしましょう。

綺麗に立つ

鏡に映った自分の姿を見て、はっとしたことはありませんか。

普段何気なく立っている姿、美しいと言えるでしょうか。

細くて綺麗な人は、みんな背筋を伸ばして美しく立っています

 

電車で立っている時に太ももの内側や意識して立つだけでも、脚やせには大変効果的です。

最初は慣れるまで大変かもしれませんが、気が付いた時に意識して立つようにしましょう。

それだけでもお尻や太ももの筋肉が鍛えられて下半身休み繋がっていきますよ。

 

入浴時は湯船にしっかりつかる

毎晩しっかりと湯船に浸かって体を温めていますか?

冬の時期ならまだしも、夏の暑い時期には、シャワーのみで入浴を済ませる人もいるのではないでしょうか?

しっかりと湯船に浸かり、体を温めることによって、脂肪の燃焼効果を上昇させる効果があります

 

また、体を温めることで、上質な睡眠も取りやすくなり、結果的に痩せやすい体になることに繋がるのです。

入浴方法には半身浴と高温反復浴などがあります。

半身浴の正しい方法!半身浴でダイエット効果を高めて綺麗になろう 『デブはお風呂をシャワーで済ますことが多い』 ‥‥なんて言葉、聞いたことありませんか? まさにおデブ時代の私...
半身浴よりさらに効果的な高温反復入浴法って??お風呂に入るだけで-5kgのダイエットができるってほんと?こんにちは!!とろこ(@torokoiloveme)です!! 以前半身浴の正しい方法についてお話しました!今回はさらにその進化版、...

その日の気分や体調に合わせて入浴をうまくダイエットに使っていきましょう。

仕事や学校やダイエットで頑張った自分の体をしっかりと温めてリラックスさせ、また、次の日に備えて、ゆっくりと眠るようにしてください。

良質な睡眠をとる

ダイエット中は、いつもより多く運動したり、食事制限をしたり、自分で感じているよりも、多くの負担が体にかかっています。

ストレスを溜めないようにするためにも、睡眠時間は特に大切にするようにしてください。

睡眠時間が不足している人よりも、しっかりと睡眠をとっている人の方が痩せやすいという研究結果も出ています。

7時間以上はしっかりと眠るようにしましょう。

また、睡眠不足は食欲の増進効果もあると言われています。

しっかり睡眠をとることによって、ダイエットにも繋がるのです。

ダイエットを習慣にして絶対成功させよう!!

さぁ、ダイエットを始めるぞ!

と、気合を入れて張り切って激しい運動をしたり、自己判断での断食は、続かないどころか、体調を崩しかねません。

どうせ痩せるなら綺麗に痩せたいですよね。

とろこ
とろこ
  今日から気を引き締めて、ダイエット! 

と宣言するのもいいですが、意識しなくても毎日ダイエットをしている状態、つまり

ダイエットを習慣にすることを目標にしましょう。痩せている人は、常にダイエットの事を考えて行動しているわけではありません。

ですが、これまでの生活で自然と太らないための判断が身についているのです。

 

人が何かを新しく始めた時、それが習慣になるまでに3ヵ月かかると言われています。

始めたばかりの頃は大変かもしれませんが、ダイエットが、歯磨きと同じぐらい当たり前のことになれば、自然と美しい体を手に入れることができるでしょう。

 

ダイエットは期間限定のイベントではありません。

これからもずっとずっと続けていくものです。

自分が続けられる範囲の楽しめるダイエットを探していくようにしましょう。

そして、それが習慣になるように、頑張って続けていきましょう!

ABOUT ME
とろこ
24歳会社員。自信が持てなかった自分を変えるため、-12㎏のダイエットに成功。さらに自分を好きになるためにダイエットに加えて内面を磨くことについても研究中。 イラスト、歌、ダンス、演劇など、多趣味。声優科の学校に通った経験もあり、司会や人前でしゃべることが得意。 職場ではイラスト製作や司会業の経験を生かし、こどもと関わる仕事をメインとしている他、現在は劇団員としても活動中。