ダイエットの方法

食べすぎた時の対処策って?!罪悪感半端ない時に私がやる6つの秘策


ああ〜やっちまった、食べすぎた〜

・・・って、罪悪感に押し潰されそうなときありませんか?

私はあります。しょっちゅうです。なんなら今も。



で、いろいろダイエットやってきた身として感じたのは、この「食べすぎたあとの過ごし方」ってめちゃめちゃ重要だってことなんですね。

食べすぎたものって、すぐ脂肪に変わるわけじゃ無いので、直後ならなんとかなるんですが・・・


一度の失敗で自分を追い詰めて、「もういいや!一回食べたし!」ってなっちゃうのが1番の王道リバウンドパターンかと思います。

痩せるの死ぬほど大変なのに、太るときは幸せでしかも一瞬なの・・・怖い。

ちなみに、私は以前食生活中心のダイエットだったので、筋肉が落ちて、痩せにくい体になってしまいました。

リバウンドしたきっかけと懺悔はこちらから

前やってたダイエットが通用しなくて苦しんでます。



さて、ダイエットって何が一番重要かって「続けられること」だと私は思うんですけど、この「継続」が難しいんですよね。

ダイエット継続の中で、成功か失敗かの大きな分かれ道がこの「食べすぎたあと」だと私は思っています。

 

 

「食べすぎた!」って思った時何する?私が決めてるマイルール

前回のリバウンドでの経験を生かして、食後に罪悪感で押し潰されそうな私を救済するための措置として、「食べすぎたあとのマイルール」を用意しています。

その日の気分とか、体調にも合わせて内容をレベルアップさせていく感じです。



やってしまった罪はきえません・・・
でもダイエットの場合、気持ちがあれば償えます(重い)

さあ、罪悪感半端なくて辛いそこのあなた!私と一緒に償うのです!

メディキュットを履く



まずレベル1です。早速持っていない人はできないことで申し訳ないですが・・・

私の大好きなメディキュット。穴が開くほど愛用しています。
メディキュットって何?どれだけ効果があるの?って方はこちら

友達と飲み会とか行って、「今日はもう何もしたく無い、すぐ寝たい」って時でも、メディキュットだけは履いて寝ます。


メディキュットが持つ1番の効果は、むくみとりです。

「私はむくみじゃなくて脂肪なの!」そういう方も一度試してください!

一晩でこんだけ足が変わります。

※以前撮った比較画像になります

次の日起きて、少し足がすっきりしているだけで、「今日もダイエット続けようかな」って気になります。
ダイエット失敗の回避につながるんです!

もうあまり語りませんが、メディキュットに限らず、疲れてる日でも必ずできるルーティンを作っておくのは有効です!

私の場合、どれだけ疲れていても、メディキュットだけは履くようにしています。

 

半身浴をする


半身浴って、体動かさないから、正直脂肪燃えてる気しないんですよね。

最初の頃はそんなふうに思ってたんですけど、体を温めるのって、ダイエットにすごく効果があります。
半身浴についてはこちらの記事を参考にしてみてください

脂肪って、触ってみると冷たいんですよね。冷たい脂肪は固まって落ちにくいんだそうです。
(逆に胸の辺りは心臓があってあったかいから脂肪が落ちやすいんだとか・・・)

むくみとりにも効果的ですし、疲れていてもできるのは嬉しいです。

さらにダイエット効果を出したい人は高温反復浴がおすすめです。

「お白湯が体にいい」とかって言うのも、体を温めることにつながります。
時間がある時はぜひ半身浴をやってみましょう!

 

ストレッチ&マッサージをする



お風呂あがりのストレッチとマッサージ。
筋トレとかに比べれば辛くない…

ということで、半身浴とセットで私はやってます。
ぺこちゃんのマッサージ動画をマネしてから、マッサージって脚やせにめっちゃええんやなー!って感動しました・・・!

手でマッサージするだけでめっちゃ血行よくなって、肌のトーンも上がります!




ストレッチに関しては、年いくと体硬くなるし、仕事上、動いたり踊ったりが多いので、怪我しないようにって言うのも含めてよくストレッチしてます。

体の可動域が狭まると

  1. 体が動かなくなる
  2. 筋肉が衰える
  3. 筋肉が落ちる
  4. (筋肉の量が消費カロリーと比例するので)痩せにくい体になる



と言うことになります。

なので、私はストレッチも行っています。

筋トレは足パカ!


過去に足パカで足痩せを経験しているわたし・・・
足パカ運動に関しては絶大な信頼を置いております。

足パカダイエットの効果、詳しい結果についてはこちらをチェック!



筋トレは大嫌いな私ですが、足パカはできそうなときになるべくやっています。

回数はその日の気分ですが、好きな曲一曲分(大体50〜70回くらい)

もしやるなら最低回数は30回以上に決めています

 

ウォーキングをする



食べすぎた当日、もしくは次の日に、気分が乗ってきたらウォーキングタイムを設けるようにしています。

これも強制にはしてません。

強制にすると楽しくなくなっちゃうので・・・。



あくまでも楽しめることが大事。

私はよくショッピングモールを歩くようにしています。

「痩せてあんな服着たいな〜」と、モチベーションアップにもつながりますし、鏡がたくさんあると背筋が伸びる感じがします。

プチ断食してみる


もう本当にこれは最終、と言うか・・・・

食べすぎた翌日や、「今からダイエットするぞ!」って時に気合入れるためにやります。

断食にもいろいろありますが、自分にあったものを選ぶってことと、何日も続けないことが大切です。

いろいろ試して私に合っていたのは「ヨーグルトリセットダイエット」でした。

ヨーグルトダイエット体験談はこちらの記事にて。

ただ、本当にこれは連日続けない方がいいと思います。

あくまで、食べすぎて馬鹿になってしまっている満腹中枢をリセットするためだと思ってやってみてくださいね!

 

自分だけの「食べすぎた時の過ごし方ルール」を作ってダイエットを継続しよう!


食べすぎた時の対策マイルールの紹介でした!

もちろん、毎回全部をやるわけではありません。

最低限私が守るのは、メディキュットを履く、と言うこと。

それ以外は自分の体力や気分と相談です。



ルールをガチガチに決めてしまうと、それができなかった時にまたそれが原因で落ち込んでしまったりするので、あんまり完璧を目指さないように・・・!

ここに書いたものでなくても、自分に合ったマイルールを決めるといいと思います。

メディキュットみたいに「履くだけ」とか、楽なものでもいいんです。

その小さな達成感が、明日もダイエットを続けるエネルギーになります。